非核国家がなすべきこと

日本の非核の道は明らかになった。

もちろん、持たず作らず持ち込ませずは当たり前。

核の傘も捨て去る。

核以外に自国を守る手段を多く持つ。

有効な通常兵器を持つこともあるが、最悪の状況に備えることが必要である。

核攻撃を受けても、被害が最小になるように手立てを打つことである。

国の機能を分散化して、一都市を攻撃されて、国が滅ぶようなリスクを減らすことである。東京の一極集中では、核攻撃で、立法・行政・司法、経済が一度に破綻する。地方に機能分散することは、冷戦時代から言われているが、核の傘のもとで、平和ボケしていて、何も手をつけていない。

少子化の問題だって、こども世代が地方に分散すれば、生活費も安くなり、解決の糸口も出てくる。官僚が東京に集中するから、そんなアイデアも出てこない。

教育の無償化の前、教育の地方分散を考えた方がよい。

非核国家でいくと腹を決めると、いままで見えてこなかった色んな課題が見えてくる。

東京近郊で原発事故が起きたら、エネルギー政策も抜本的に変わったかもしれない。

官僚の目の色が変わらないとこの国はかわらないのは、事実である。

年金支給漏れといった不手際がいまだにニュースになる。

人工知能で置きかえられなければならないのは、官僚の頭かもしれない。

日本の核兵器保有について

物騒な話だが、真剣に考えないといけないことである。

核の傘」といいつつ、破れ傘になっている。

3日前のBSプライムニュースで、アメリカの評論家が面白いことを言っていた。

きわめて的を得た表現をした。

「日本は核を持つことに意味がない」と。

その理由が的を得ている。

「アメリカや中国やロシアは、国土が広いから、1発や2発、核爆弾を落とされても、それに勝る反撃を核で行える。しかし、日本は国土が狭いから数発で消滅するので、防衛としての核は成り立たない。」と。

核による先制攻撃は成り立たない。しかし、防衛としての核も、国土が広く、反撃する能力がないと成り立たない。

つまり、北朝鮮から核攻撃された日本は、核で反撃する可能性はないと結論している。

可能性のないものに、多額の投資をするのは無駄である。

きわめて冷静な判断に感動した。

北朝鮮から核攻撃されたら、骨だけは拾ってやると言われたような感じでした。

迎撃ミサイルのためし打ちさえ、高額で行えないと防衛関連の閣僚が言っていたが、核保有には莫大な経費がかかるとそのアメリカの評論家が言ったので、日本の核兵器保有は無謀であり、狂気の沙汰といえるようだ。これが核保有国のアドバイスである。

そもそも、被爆国である日本は核保有という方針変更ではなく、核の殉教者としての歴史を前面に押し出し、「破れ傘」を捨て去り、核兵器禁止条約にまい進したほうがよさそうである。「核の傘」で守れるのは、反撃が可能な大国に限られる。

保有国からすると、核の傘はそんなに大きくなく、核攻撃から守れるのは自国だけという結論になっている。

アメリカの評論家がさらに言ったのは、核兵器以外に有効な通常兵器はいくらでもあるから、アメリカから買って日本を防衛すればよいとのことだった。

北朝鮮の核保有も容認しかねない態度だったが、核を利用した兵器ビジネスに関心があるようでもあった。

石破さんが、核持込の議論を始めた方がよいと言っているが、核持込は、拳銃の所持と同じで、北朝鮮の核攻撃をうける可能性を増すこと限りない。同じ撃たれるなら丸腰で撃たれた方がよい。非核国家として潔い死に方をした方が、国際社会の同情が得られる。これが核保有国からのメッセージであった。

 

車社会の行く末その5

② 好きなところに行ける。

から話を続けたい。

舗装道路からオフロードに出るには、ジープやピックアップのような車高の高い車が望まれる。水たまりや凹みで、エンジンが止まったり、車体を擦ることがないように。

水上を走れる車や、空飛ぶ車も実際に開発されている。簡単に言えば、ゴーカートにドローンの羽をつければ、空飛ぶ車はとりあえず作れる。

路上に話を限れば、ナビは一応好きなところに車を導いてくれる。

従って目的はすでにかなえられているともいえるが、精度が悪い。道の工事や迂回路にタイムリーに対応していない。車がネット接続されていないので、自分が持っているスマホをナビ代わりに使っているのが現状である。

車の位置がGPS制御されていれば問題がない。メルセデスベンツには盗難用にGPS発信機がついていて、どこに車があるか把握できてるらしい。

このデータが警察で把握できれば、レーダを使わなくても、所定区間での平均速度から速度違反の検挙もできるし、駐禁場所に駐車してることを自動検知できるので、見回りのおまわりさんは不要になる。将来いずれの時期に、車にはかならずGPS発信機をつけることが法令化されるだろう。車のマイナンバーである。

特にEVの世界になると、充電場所の込み具合や、充電時期の警告も、車両ごとの判断ではなく、ネットワークに車が組み込まれ、ネットワークから充電時期と充電場所の指定が受けられ、待ち時間なしに充電が受けられるようになる。

好きな所にいくと書いたが、出版数が増えてくると、どの本が好きかわからなくなるように、どこに行きたいか迷うようになる。

こういうところに行きたいと幾つかの条件を車に提示して、車が、過去のドライブ履歴をネットからひいてきて、ドライバーに提示するようなシステムも求められる。

今回はこんなところで終わりにする。

次回は、③ 環境を損なわない、について述べたい。

TaoChat@879編集後記

台風が近づいていることで今朝は雨が降っている。

今週は、いろんなことが多すぎた。

100mスプリントで日本人初の9秒台が出たのが9/9。

国連安保理で、対北朝鮮制裁決議を全会一致で採択したのが9/11。

北朝鮮のミサイルが発射されグアムに届く距離を飛んだのが9/15.。

何をテーマに書こうか迷ったが、まずは旧約聖書をめくり、言葉を選ぶことから始めた。戦争というのは、近代兵器がものをいう。コンピュータとセンサーで弾道を制御しながら、ターゲットにあてる。まさに、バトルゲームの世界であり、ミサイルを撃つ本人はバーチャルの世界で航跡を追う。

しかし、ミサイルを当てられた現場の人間は、生身の人間で、爆風と炎で生から死の世界に一瞬に追いやられる。人間は高度の脳をもった動物だが、死ぬときは、血を流し、体液を流し、動物として死んでいく。神はいう。戦争がなくても人類は滅びうる。巨大な惑星が地球に衝突すれば、恐竜が全滅したように、人類の歴史も一度リセットされる。何も、人間同士が核戦争で自滅しなくてもよいと。

今回取り上げた「コヘレトの言葉」にはそんな意味がこめられていると感じた。

TaoChat@878編集後記

今日は晴天で気持ちがよい。

今回の言葉は老子の「上善若水」である。

星に生命体が存在するかどうか、まず水の存在を探す。

生命が進化するには遺伝情報が必要で、それを支える母体は有機物質で、それを生み出すためには、水が必要になる。

私に水の働きにならうことを教えてくれたのが老子です。

毎年夏には、水の事故が報道されます。

体が水でできているのに、何故、体の外にある水で命を落とすのか?

水は非情だからです。水と同化して魚になれば、決して溺れることはない。

古代エジプトの時代には、ナイル川は毎年氾濫して、多くの民と家が流された。

その一方で、肥沃な土地も河口にできた。

水が支える生命は何も人間だけでなく、地球規模で生命を支えている。

人間は、その営みの恩恵にあやかっている生命の一つに過ぎない。

これを老子は言っている。スケールが人間界にこだわる儒家とは違い、宇宙規模になるところが、すごいところである。

核兵器を使って自分の国だけを守るという防衛思想が、どれだけ狭い考えかがわかる。

頭が古代中国の春秋戦国時代のままで、生き残ることができればどんなことでもやる弱小国と同じである。核兵器を使えば、直接被爆しなくても、水を介して地球規模で生態系の破壊が進むという考えが老子の思想である。

核弾頭ミサイルを迎撃するためのミサイル開発や、核攻撃を受けたときの核シェルタ開発をいくらやってみたところで、被爆で即死しなくても、核汚染した生態系から生きる糧を得ている人間はもっと悲惨な死に方をすると考えるのが老子である。

地球を周回するスペースシャトルからの映像をY-TUBEでみる事ができる。

各国の上で走る閃光は、いなずまの光である。

このいなずまの光が核爆弾の閃光と考えるとぞっとする。

核時代のノアの箱舟は、もはや宇宙の人工衛星に逃れて、核汚染が薄まるのを待つことになるのかもしれない。

国民の平和のために、核兵器核の傘)を利用すると唱える政治家は、核の犠牲になる国民のことは考えていない。その理由は、防衛の兵器のことに関心があり、核攻撃を受けたときの対策を考えていないからである。政治経済を東京一極に集中している限りは、広島原爆の10倍の爆弾を東京に落とせば、日本は壊滅する。首都直下大地震を人工的にやったのと同じである。

迎撃ミサイルの購入より政治的にもっとやるべきことが他にあると思われる。

核兵器で攻撃されたとき、水のように底辺で国を支えている国民の被害を最小限にとどめる対策は、首都機能の分散化以外にない。

老子の水の思想は、以上のように多岐におよぶ。

 

北朝鮮の水爆実験

何も皇室の結婚発表の日にやらなくてもいいのに。

政府の厳重な抗議ばかりでは、何も効果はない。

不思議なのは、中国が北朝鮮核兵器開発を止めない事。

中国との国境近くでやれば、激震でビルの外壁がひび割れするだけでなく、水資源の放射能汚染もあるだろうに。だが黙認している。

表向きは「国際社会のルールに従ってやめて下さい」と声明は出しているようだが、裏では、食料や燃料も北朝鮮に送っている。

日本から見ると、悪がきを前面に押し出して、力のアメリカより、中国がこの問題を解決する主導権を持っていると暗黙のメッセージを送っているように見える。

国連での非難や経済制裁動議は何も効き目はない。

中国とロシアが拒否権を発動するからである。

開発スピードの速さは、資金調達ルートだけでは説明できない。核開発技術を中国とロシアやパキスタンなど、反米国から入手しているためと思われる。

共産国と独裁国は、表向きの顔を裏の顔を使い分けている。

ベルリンの壁が崩壊したのは、民衆の力による。

共産国と独裁国の民衆は、自国の顔さえ見る事が許されない。

 

車社会の行く末その4

車社会の究極の目標は、

① 運転する楽しみを奪わない。

② 好きなところに行ける。

③ 環境を損なわない。

④ 安全に行ける。

と前回で挙げた。

① 運転する楽しみを奪わないとは、人間と車の関係が、人間が主、車が従の関係を維持しつつ、人間と車と道路(経路)が対話をしながら、目的地に行けると楽しみと考える。 車に自動運転させて、人間が寝ていても目的地に行けるというのは、運転する楽しみを放棄した状態を意味する。

運転するドライバーが一番ストレスを感じるのは、渋滞時である。

ブレーキとアクセルを交互に踏みながら、車間を詰める。

渋滞時の操作をすべて自動運転にするのもよい。これは、車だけではどうにもならず、自動運転車レーンを作り、車両同士で相互通信を行いながら、一定車間距離で、集合移動する。割り込み車を防ぐため、別レーンにする。

道路標識は高速の場合、遠方から把握できなけばならない。ナビを使わなくても、道路標識のデータを遠方から電子的にキャッチして、事前に確認できれば、途中で車線を変えたり、ブレーキを踏んだりすることはなくなる。

車と道路が対話するとはこういうことをいう。

人間が主、車が従の関係は、何でも自動にしないことである。

パワーウィンドウは、手動も可能にできるとよい。

ミラーも手動で収納できればよい。

冠水のとき、エンジンが水につからなくても、排気パイプから水が入ってエンジンは止まる。何故、その対策がされていないのか不思議になる。排気パイプの終端はエンジンよりも高くして、水が入らないようにすれば、多少冠水しても通れる。

運転する楽しみは、加速性と静音に求められる。その2つをEVは備えている。

ただ、充電に時間がかかると旅行の楽しみは減る。バッテリーはカートリッジにして、スタンドで充電済みと交換できるようなシステムが欲しい。バッテリーのレンタル方式である。太陽光も使えるなら、そちらも利用したい。

運転する楽しみは、操作パネルや車内の快適性にも求められる。

操作パネルは、ジェット機の計器盤じゃないから、シンプルなのが一番よい。アラームが発生したときだけ、どこが悪いのか音声で説明した欲しい。ハンドブレーキがおろし忘れで警告音は出ても、何が問題か車は語らない。車との対話は、スマホ音声認識と同じ事が可能である。グーグル車には当然ながら、AI車ができると思われる。

彼らの課題として、運転する楽しみをどのように残すかがある。

今回は、①について述べることで終わった。

②以下は次回で説明したい。 (その4終わり)