TaoChat@897編集後記

昨日BSのプライムニュースで、働き方改革推進担当大臣が来て、働き方改革の今後の方向性について議論があった。話を聞いていると、ガイドラインを出すだけで、企業の善意にまかせる姿勢が強いという感じがした。デフレ脱却のために、企業に賃上げをお願いするという、これまた企業の善意にまかせる姿勢を相変わらず続けている。

今回の言葉は、ドラッカーさんの言葉から、労働生産性に関する言葉を挙げてみた。

極めて単純明白である。労働者は、どう頑張ってみても労働生産性は上げられない。

マネージャ(経営者)が賃金を上げてくれれば、自動的に労働生産性は上る。

しかし、これを実践する経営者は少ない。

総理大臣が頭を上げても、経営は苦しいから賃金は上げられないという。

次に、労働時間を減らして、労働生産性を上げる策がある。

日本の労働者は、賃金が低すぎるから、残業時間で穴埋めしようとする。

労働時間を減らすと、残業時間が減るので、賃金も減り、生産性向上にならない。

分母(労働時間)を減らすと、分子(賃金)も減るので、比の値(生産性)は変わらない。賃金を減らさずに、労働時間を減らさなければならない。

これができるのは経営者(マネージャ)だけである。

マネージャは、労働者の作業効率(能率)を上げて、労働時間を減らす工夫を考えなければならない。そこには、IT化により無駄な作業を省く工夫が求められるし、早朝出勤のインセンティブ(朝食を無料で至急)を与え、退社時間を早めるルールを作るという工夫もある。実際どっかの商社の社長がそれを実践しているTV番組を見た事がある。労働者が高齢化すると、6時出社も苦にならなくなる。会社の勤怠システムやセキュリティシステムを完備すれば、コアタイムの設定も必要なくなる。

今までの日本が、マネージャが楽をして、労働者が時間と心身を犠牲にして賃金を稼いできた、生産性の歴史がある。

ドラッカーさんは、経営者(マネージャ)がしっかりしないと、組織は滅ぶという。

労働生産性の高い企業は、人を大事にする企業である。

ブラック企業は低賃金で長時間労働を強いる。

今や、お医者さん(勤務医)も最低の時給だという。

賃金は高いが、労働時間がはんぱなく多い。

職種によらず、マネージャは生産性向上を人間重視の視点で考える必要がある。

AIやインターネットが発達してくると、機械が提供した情報や判断をどのように考えるか、人間の対応力が求められる。機械にないものは、心の触れ合いである。

自分が人間から大事にされているという感覚である。

その感覚を実感できるように、マネージャは生産性向上を考える必要がある。

 

TaoChat@896編集後記

今朝は本当に寒かった。

大学入試センター試験の頃は、毎年雪が降り、一番寒いような気がする。

今回は、NHK大河ドラマ「西郷どん」が始まったので、それに合わせた。

薩摩弁はなかなかいいなと思う。

方言が聞けるのも、大河ドラマの良さかもしれない。

西郷さんに興味を惹かれたのは、西南戦争征韓論である。

西南戦争では、負けるとわかっていても、命を張って士族の主張に筋を通した男らしさである。太っ腹と薩摩弁がよく合う。

征韓論では、朝鮮開国を軍隊派遣をもってする板垣退助の意見に反対したのが西郷である。自らが全権大使として朝鮮に赴くと主張した。

「それは早急に過ぎもす。軍隊を派遣すれば、朝鮮は日本が侵略してきたと考え、要らぬ危惧を与える恐れがありもす。(中略)ここはまず、軍隊を派遣することは止め、位も高く、責任ある全権大使を朝鮮に派遣し、公明正大に朝鮮政府を説くことが一番の良策であると思いもす」

それなのに、西郷が西南戦争で自決したあと、板垣退助の意見を西郷の主張にすりかえられた。こんな経緯もドラマでやってくれるとうれしいのですが。

それはさておき、「南洲遺訓」には道に関する名言が多いんですが、道を進むときの心得として、過ちのあとの心の切り替えの言葉を選びました。

自分でやっちまったと気づくことは誰にでもある。

その後の対応が人間の器を決める。

西郷の器はあくまでも大きい。

こわれた茶碗をいつまでも直そうとうじうじする。

それは小さい器のひと。

西郷さんは、前向きに、気持ちを切り替えて将来進むべき道を進む。

過ちを忘れるというのではない。

過ちを繰り返さないように道を進む。

隣の韓国ではいまだに銅像まで作って慰安婦問題を問題視している。

日本は過去を反省し、誠意ある対応をもってこの問題に対し、二国間協定で決着を見た。

国と国の約束を反故にする国は国の体をなさない。

北朝鮮への制裁も大事だが、韓国への教育も大事である。

このような狂気を許さない毅然とした対応が今後も求められる。

日本という国がお人よしと呼ばれた時代は終わった。

米国に対しても、在日米軍の航空機が部品を落としても、遺憾のコメントを続けるだけでは不十分である。

地位協定を見直すことも、過ちの後の第一歩になるはずである。

西郷さんの言葉で言えば、何かがおかしいと気づく事が第一歩。

おかしいおかしいといいながら次の一歩を踏み出さないのが、割れた茶碗の破片を集めて直そうとする人間。

おかしいと気づいて、地位協定見直しに進むのが、過ちを繰り返さない人。

憲法改正でも、自衛隊という軍隊を持ちながら、兵力を持ちませんと憲法にうたうおかしさを今も続けている。戦争を繰り返さないために、何を憲法でうたうべきか考える時代にもう来ているのではないか。

西郷さんの言葉が身にしみている今日この頃である。

 

 

 

 

 

TaoChat@895編集後記

昨夜は職場で新年会があり、ちょっと飲みすぎた。

起きたら8時で、新聞の数独をやって、メルマガ原稿作成に取り掛かった。

昨年は老子に始まり、老子で終わった。

今年は荘子で始め、荘子で終わろうと思う。

そこで、岩波文庫の「荘子」と福永さんの「荘子」を開き、言葉を探した。

トランプさんのツイッター禍にうんざりしているので、言葉に関する荘子の言葉を探し、人間世篇に見つけた。

夫婦喧嘩も言葉次第で離婚に発展する場合もある。

こころにもない言葉を吐いたために、永年培ってきた信頼を喪う結果になる。

言葉を風と波にたとえたのは、詩的で叙情的でもある。

空也上人像の口から出ているのも言葉である。

言葉は口から出て耳に入る。口から出た冷たい言葉は、心を傷つける。

出そうと思わなくても出てしまった言葉はもとに戻せない。

空間を伝わって、人から人への伝わるうちにどんどん変化する。

ポジティブな変化なら希望を生むかもしれないが、ネガティブな変化は失望を生む。

発する者も聞く者も、心理状態によって、風と波を変化させる。

そこに言葉の不安定がある。

今年は、風と波をそのまま感じ取れるように、自身の心を落ち着けていたい。

TaoChat@894編集後記

編集後記は隔週に書くペースになりつつある。

今年最後のメルマガは、老子で締めくくりたいと考えていた。

81章あるうちで第何章を選ぶのか?

来年につながる言葉を選びたかった。

となると、年が開けるたびに初心に帰る姿勢が欲しい。

去年のことは忘れて、心を一度リセットして出発する姿勢である。

第40章がそれにふさわしい。

人類の歴史は振り子運動を繰り返しながら、一歩ずつ前進してきた。

老子の言葉はそれを物語る。

反とはReturnであり、原点に復帰することである。

弱とはFlexであり、水のように状況に応じて形を変え、柔軟に対応することである。

振り子運動は、全体のエネルギーを一定に維持しながら、運動エネルギーと位置エネルギーのバランスをとりながら運動を続けることである。

人類が危機に陥ったときは、それ以上に低い位置エネルギーは取り得ない。

そんなときは、知恵を結集して動き回ったので、運動エネルギーは最大になる。

人類が平和なときは、それ以上に高い位置エネルギーは取り得ない。

そんなときは、思考が散漫となり動きが鈍く、運動エネルギーは最小になる。

ベンチャー企業のときは、動きが俊敏でいろんなビジネスに挑戦していたのが、大企業になると安定志向になり、動きが鈍くなるのと似ている。

創業時の原点に戻れるだけの柔軟性をそなえた企業だけが生き残っていく。

万物の生成と消滅は、振り子運動を維持するためのエネルギーのやりとりの結果、個体レベルで起こる事象と考えられる。

晩秋に落葉するのは、夏の間に葉の光合成で蓄えたエネルギーの消費を抑えるためである。葉の役目を果たし、冬を越すために葉は自らの死をもって、来る生命の犠牲となる。新芽は葉がくれたエネルギーをもって、来る生命の土台となる。

万物の進化はこのように前向きであるが、過去の歴史を忘れない。

人間だけが寿命を延ばし、位置エネルギーをさらに高めようとする。

しかし、高めれば高めるほど、原点に戻るときのスピードは速くなる。

すなわち、文明が破綻したときの崩壊のスピードも速くなる。

核兵器による人類の破滅が一例である。

少数の人間の判断で核弾頭のボタンが押されれば、連鎖反応のように文明崩壊のスピードは加速される。放射能による環境汚染は地球規模で拡大する。

核の傘で平和が維持されると思っている限りは、平和はやってこない。

核の傘の論理は、北朝鮮の核開発の動機になっているからである。

メルマガに書けなかった思いをここで補足した。

 

マタイによる福音書

来週のメルマガのネタ本を決めました。

聖書は、自分が親父の保育園を卒園するときにもらった聖書です。

下町のプロテスタント系の保育園だったので、卒園時の記念品が新約聖書で、それが今も本箱にありました。

老荘ファンがなぜ聖書を持つか?

後付理由を考えると、いつか役に立つと思ったことと、捨てるとばちが当たるかもという極めて日本的な思いから来ていると思います。

もちろん、聖書は読んだことはありません。

本箱にそのまま残していました。

永遠のベストセラーなので、いつか読みたいと思い続けていたまでです。

神を信じるか否かは別にして、いろんないい言葉を残しているのが聖書です。

以前海外旅行していたときに出会ったユダヤ人と宗教の話になったとき、老荘の話をしてみました。そしたら、彼曰く、お前の道も俺の神も唯一神で同じだ。砂漠にいるか宇宙にいるかの違いだけだ。それを信じることで心の平和が得られるなら、それまた同じ効用だと互いに納得して別れました。

マタイによる福音書は、新約聖書の一番初めに書いてあるので、一番重要なことが書いてあるという予想をしました。読んでみると、そこここにためになる言葉がかいてあり、その一つを拾う予定です。

クリスマスは、キリストの聖誕祭なので、時期的にもふさわしいと考えています。

お楽しみに。

 

TaoChat@892編集後記

先週も編集後記を書かずに終わった。

東京にいる孫の面倒を見るため、メルマガを出したあと、慌てて家を出た。

今日はメルマガを出したあと、慌てて歯医者に行き、その後、車検のため、車を整備業者に持っていき、代車をもらって、今晩の食事の買い物にスーパーに行き、やっと今戻ってきたところである。師走は先生でなくても忙しいことを実感した。

今回は論語である。

最初は「ブッダのことば」を探した。なかなかいい言葉が見つからず、論語に移った。

次回はクリスマス前なので、聖書から言葉を選ぼうと思う。

「好きこそものの上手なれ」というが、英単語を必死に覚えるより、自分の好きなものを英語に訳してみる方がよっぽど勉強になる。旅行が好きなら、旅行の英語エッセイを読んだほうが頭に入る。

「知る者は好きな者には及ばない」

知る者は知っていることに目的があるが、好きな者は知ったことを好きなものに生かそうとするから、好奇心が増し結果として知識が増す。

「好きな者は楽しむ者に及ばない」

好きな者は好きであり続けようとする。

楽しむ者は好きなことを次々と変えて楽しもうとするから、好きなことがほんとにどれだかわからない。好きであることにこだわらず、好きなものと一緒に楽しもうとするから、知識を増そうともしない。

むしろ知識を減らしていこうとする。

好きなものと同化すれば、ことさら知識を得ようしなくても、そのものの真髄は身に備わることになる。

論語の言葉は、老荘の道を進む者にとっても、ためになる言葉である。

楽しみかたはひとそれぞれで異なるから、ひとそれぞれの老荘があってよい。

楽しまなければ、どんな知識も死んだ知識になる。

楽しめるレベルを目指すのが、終生の道である。

TaoChat@890編集後記

昨日は新大久保の居酒屋で最初の忘年会を2人でやりました。

新大久保は新宿の隣駅ですが、ホームが狭く、しかも町がごちゃごちゃしていて、都会の駅とは違う雰囲気があり、面白い町です。駅の近くに昔ながらの居酒屋があり、昨日は九州の酒とがめ煮やからしれんこんを肴に飲みました。

そのため原稿を書き始めたのが8時過ぎで、発行が遅れました。

師走になると、いつもこの一年何とか乗り切りったなという感慨を抱きます。

2ヶ月前に知り合いの奥様がくも膜下で急死され、死は突然訪れるものという実感を新たにしました。お歳は私より3つ下で笑顔の美しい方でした。

昨日まで元気であったのに、今日はもう帰らぬひとになっている。

あまりに突然なので、亡くなったことが実感として受け入れられない。

そこで、死に関する言葉を、最近購入した「生と死のことば」より探しあてました。

「抱朴子」は、西暦283-343年に生きた葛 洪(かつこう)が書いた本で、神仙思想を説いたとWikipediaにありました。

いつ死ぬかわからないから、心配なく暮らせる。

確かにそうかも知れない。

しかし、死刑囚はいつ死ぬかわからないから、死におびえて過ごす。

人間なんて、皆死刑囚じゃないか。

と考えると、死におびえることもなくなる。

わたしの場合だと、今65歳なので、平均的に生きれば、死刑執行はほぼ20年後である。

しかし、いずれ死ぬのはわかっているが、明日死ぬとは思っていないので、今日と同じような明日がくると予想して、いつも通りの暮らしを続けている。

そこには、今日に対する重みが抜け落ちている。

明日もまた隣には女房がいて、同じように飯を食べて、同じような会話をして、死までの20年を送ると考えてしまっている。それがある日、突然女房が消え、ひとりだけの生活が始まる。孤独感が襲って、今後どう暮らしていこうか心配が募る。

「抱朴子」の言葉に、どうしても逆説的な意味を汲み取ってしまう。

いつ死ぬかわからないから、心配はなくなる。

自殺者にとって、今死ぬから心配がなくなる。

わたしのように自殺できない人は、いつ死ぬかわかったとしても、心配する暇はない。

死ぬまでにどう生きるか、真剣に考えないと後悔が残る。

突き詰めれば、心配する時間があったら、やるべきことを今することに当てる。

あとに残された者の生活を心配しても始まらない。

あとに残された者は何とかして生きていけるものである。

老荘思想では、死は永遠の別れではない。死は生をもって引き継がれる。

死後の肉体は大地に帰り分解され、別の生命の構成物となって生かされる。

食物連鎖がその証である。

鳥葬はひとの屍を鳥のえさとして葬る。

いつ死ぬかを心配するどころか、死ぬことも心配の対象でなくなる。

死ぬ事が自然界のサイクルのひとつとして考えている。

老荘思想は、いつ死ぬかわかったとしても心配はないと考える。

仏教思想は、いつ死ぬかわからなくても心配は消えないと考える。

死以外に病気、老齢、苦しみが心配の種となるからである。

「抱朴子」の言葉から汲み取りたいのは、いつ死ぬかわかった場合どうするかである。

いつ死ぬかわかったときは、いつまで生きられるかわかったときである。

残された時間を無駄な心配に費やすのか、あるいは、今でしかできないことに費やすのか、落ち着いて考えなさいということである。

とするなら、いつ死ぬかわからなくてのほほんと暮らすより、いつ死ぬか覚悟して、今を有意義に生きる方がずっといい、と「抱朴子」は教えているようである。