TaoChat@1122編集後記

雨のよく降ること。昼も夜も2日間降り続けた。西の空が晴れていて、今は雨は上がっている。二階から見る庭の木々の葉には、ダイヤモンドの粒のような水滴が付いている。自然の潤いにより心も潤う一瞬である。

この一週間の出来事は、プーチンの対独戦勝記念日パレードが5月9日にあった。うそで塗り固められた演説だった。唯一の真実は、自分の愚策によって命を落としたロシア兵のために心を痛めたことだった。ウクライナ侵攻で奪った何千というウクライナ国民の命への言及はなかった。すべては、ありもしないネオナチの制裁で許されるような口ぶりだった。防衛戦略上、ウクライナ国土が欲しいプーチンの欲望を覆い隠すには、余りにも幼稚な口実である。強いロシアを望む国民を操るにはそれで十分にしても。日本では、東京大空襲を検証した早乙女勝元氏が亡くなった。東京大空襲は1945年に米国が東京に住む多数の非戦闘員の虐殺を狙った爆撃である。東京だけで10万人が亡くなった。2つの原爆の被爆が人類の悲劇として世界中に知られるが、東京における大量虐殺はあまり知られていない。本当なら東京大空襲の日を制定してもよいくらいである。プーチンからすれば、あんな大虐殺を米国から受けているのによく黙っていられると考えるのは当然である。チェ・ゲバラが広島原爆記念館を訪れたとき、こんな大量虐殺を受けて、何故日本人は怒らないのか?と語ったのは有名である。クリスチャンでもないのに日本人は敵の罪を許すというのは不思議な現象である。そのゲバラも米国CIAの手引きで暗殺された。日本のメディアは米国の眼の色をうかがって報道している。

もう一つの衝撃は、ダチョウ倶楽部上島竜兵氏の死である。お笑いで心に潤いを与えていたひとが、自死したという現実はあまりにも悲しい。まさしく、「聞いてないよぅ」である。手ぬぐいでほっかぶりして、熱湯に入るシーンは笑いながらも大丈夫かと思ったほどである。体をはった芸の数々を披露していただいた。芸に悩むことで死を選んだ事がつらい。開き直って、笑い飛ばして欲しかった。

今回の言葉は、「正法眼蔵随聞記」から選んだ。悟りは志さえあれば、得られるというもの。人間の知恵は、普段は役に立たない。その人が限界状況に陥ったときに、あれこれ思いを巡らし、知恵が湧いてくる。何のために生きてきたのか、そして生きているのか、を自問するのが限界状況に陥ったときである。馬から落ちて地面に到達するまでの時間、その一瞬に知恵は湧いてくる。その知恵が、もっと早く地面に到達したいのでは余りにも悲しい。タケシさんが笑って死ぬのが芸人の本望と追悼の言葉を贈った。笑いのための人生なら、笑いで終えるのが最高の人生だが、それができなかったのもなんだか心やさしい竜兵さんらしいような気もする。

TaoChat@1121編集後記

今日は朝から曇り空。今は雨が降っている。連休中は暑い日が続いたので、雨で新緑の緑と地面が潤うのも気持ちがよい。市役所からの放送が流れ、84歳の男性が5月3日夕方より行方不明になっていることを告げている。徘徊から4日目になるので、ご家族のかたも心配であろう。無事に保護されることを祈ります。

この一週間の出来事は、友人と会食後、友人がコロナ陽性となり、濃厚接触者となった。その友人を自宅に呼び、家内を交えて会話をしたので、家内も濃厚接触したことになった。友人から陽性になったという連絡をもらった翌日、PCR検査をして、私も家内も陰性であり、ひとまず安心した。3日後再度PCR検査を行ない、陰性だったので、大分楽になった。友人も私たちも3回目の接種は終えているが、感染防止にはならないことを体験した。マスクを外して1m以内の距離で飲食したので、てっきり感染したと覚悟した。この時期、コロナへの緊張は大分緩んでいる。ウクライナ戦争のほうは、一進一退を続けている。マリウポリの製鉄所の民間人の退避が心配だが、国連事務総長イスラエル首相との退避確約の遂行だけは、プーチンには守って欲しい。

今回の言葉は、柳生宗矩の「兵法家伝書」よりいただいた。兵法の極意は、敵の戦意喪失にある。刀は人を切るためではなく、戦意を喪失させるために用いる。孫子兵法にあるとおり、戦わずして勝つ事が最上の勝利である。自軍の損失を最小に、敵軍のリソースを自軍に取り込む事ができるからである。泥沼化した戦争ほど、両国を疲弊させるものはなく、最悪最低の戦いとなる。「兵法家伝書」には無刀の巻もあり、刀を持たなくても、身近なものが武器となり、戦意を喪失させることができるという。武蔵が巌流島で、小次郎と決闘したときも、舟のかいを用いた。刀より長い丸太は、斬られることなく小次郎の頭蓋をかち割ることができた。敵の攻撃を有無の拍子ととらえ、その拍子に心を軽やかに転じていく。まるで舟の跡の白波のように、拍子に合わせても次々と消えていくような応対の防御を講じる。相手の攻撃がまるで効力のないように見えてしまう。それが相手の戦意を喪失させていく。兵法には、エネルギーを使わずして最大の効果を挙げるという狙いがある。

TaoChat@1120編集後記

今日は朝からばたばたして、メルマガ発行が遅れてしまった。申し訳ありません。天気のほうは、晴れていますが少々肌寒いです。昨日は雨だったので歩けず、今日は歩きに出かけたい。

この一週間は、ウクライナでは国連事務総長がロシアとウクライナを訪問し、人道回廊への国連の関与を申し入れた。プーチンには細長い机の端に座らされ、声が届くのか心配になった。キーウ訪問中にキーウ市内にミサイル攻撃があり、ロシアの国連を馬鹿にした態度が世界中に明らかになった。プーチンは最早何も恐れるものはないといった態度である。平家物語には驕る者は久しからずとあるが、プーチンを落とす者は誰なのだろうか? もし居るなら、彼は世界の英雄になる。

日本では、知床半島の観光船が遭難し、多数の死者が出た。船は荒海の半島に出かけ、ついに帰らなかった。観光船の会社と無線連絡も取れない状態で出かけたのだから、責任は大きい。観光客の身になれば、はるばる知床を訪れ、絶好の機会だから出航を望んだかもしれない。しかし、命を落としてまで行こうとは思わない。おそらく、これまで危ない天気でも大丈夫だったという経験があったので、出航したのであろう。ヒヤリハットを見過ごしたことが重なり、重大事故に至ったと思われる。消費者の側からすると、危ない会社はリストアップして欲しい、あるいは、危ない目にあった消費者は声をネットに残して欲しい。

今回の言葉は、老荘の死生観を列子より選んだ。ウクライナといい、知床といい、死は身近にある。突然ミサイルが飛んできて、幼子と母親が死に至る。知床では観光船が沈没して、乗船客が溺死する。ライフジャケットを着ていても、低体温症で意識がなくなり溺れる。列子は、生まれるのは宿から出ること、死ぬのは宿に帰ることという。人間みな、宿から宿に旅をするのが生きることという。宿に帰るためにも、それなりの準備が必要だという。どのように死にたいのか?をあらかじめ考えておく。ウクライナの従軍兵なら、ウクライナの自由と独立のために死ぬのが、宿に帰ることになる。自分なら少しでも家族、社会、世界の役に立てるよう死ぬというのが宿に帰ることになる。

TaoChat@1119編集後記

今日は夕方から雨になる予報だが、朝の天気は良好である。庭のツツジの色が鮮やかである。全体は白だが、真ん中に赤い色の集団が混じっている。散歩していても、花の色とりどりに見とれて、スマホで写している。子供のときはキンセンカのオレンジの花が好きだった。母方の祖母に連れられて、花の苗を買いに花畑に行ってその鮮やかさに感嘆した記憶がある。最盛期は3月より6月とあるから、春の頃の記憶であろう。自宅の庭にも植えてもらったと思う。黄色の花はよく眼にするが、オレンジの花は自分の眼にはインパクトがある。この一週間のニュースは、ウクライナ危機以外は、ロッテの佐々木朗希選手の完全試合が朗報だった。連続2度の完全試合の夢の直前までいったのもすごかった。打てる気がしないというのが各選手の印象だったかもしれない。ウクライナの避難民の方々が来日して、官民ができる限りの支援をしているニュースが心を少し穏やかにしている。マリウポリの勝利宣言をプーチンがして、市民を集団殺戮した遺体隠しをしている映像を見ると、どこまで卑劣なのかと思う限りである。まさに証拠隠滅を図る犯罪者の心理を表わしている。ロシア軍の司令官は、ウクライナだけでなくモルドバ侵攻も目論んでいるとインタビューに答えていた。そもそも侵攻の理由に掲げていたドンバス解放は単なる口実に過ぎなかったことがわかる。長期戦に持ち込んでウクライナ全土掌握を目指す勢いである。ロシアは侵略国家の正体を現してきた。

今回の言葉は論語から選んだ。権力者の心得を示した言葉だが、2500年立っても、この言葉の実現には程遠いことがわかる。孔子が今生きていて、ウクライナ危機を見ていたら、やっぱり変っていないと思うに違いない。老子なら、本当の独裁者は強権発動しなくても、民を操作できると語ったかもしれない。そう、国民は独裁を意識することなく、彼の意志を実現する。力で隣国を侵略するのは最低の独裁者である。隣国ですら彼の意志に共感し、自ずと共存共栄に惹かれていくのが優秀な独裁者。情報統制しなければならないのは、民の心がすでに離脱しはじめている証しである。身の正しさをアピールするために、うそにうそを重ねて、芝居を演じている役者となっているのがプーチンである。ロシアを救う人間はあなたではない。あなたはロシアを地獄に落とそうとしている。ロシアを救う人間をあなたは自らの手で殺め、今後もそれを続けようとしている。

入れ子構造の悲劇

たった今、ウクライナ国歌とロシア国歌を聞いたところです。どちらも、国は永遠に滅びずと謳うものです。精神的な強さを感じる歌です。そもそもウクライナもロシアも侵略の歴史を耐えしのいだ国です。かつてソビエト連邦の時代は、ソ連の軍事技術をウクライナが支え、今北朝鮮ICBM開発に使っている技術もウクライナで開発された技術がおおもとになっている。イーロン・マスクがロケット技術を学んだのも、ウクライナを通してのものだった。このようにソ連時代は、ロシアはウクライナの独自性を抑圧しながら、軍事的経済的にロシアの勢力圏下においてきた。冷戦時代の話である。

マトリョーシカ人形で言えば、ロシアという大きな人形に小さなウクライナの人形が取り込まれた構造だった。ウクライナは共産圏の中で生きるしかなかった。その中で生きる限りは、ロシアの支援を受ける事ができた。それがソ連崩壊により、ウクライナは独立し、共産圏以外の自由貿易の魅力を知るに至った。しかし、自国内にソ連時代の栄華の幻を抱く、新ロシア派を擁することになった。マトリョーシカ人形で言えば、新生ウクライナという大きな人形の中に、旧態の新ロシア派の小さな人形を取り込む構造となった。ロシアのクリミア侵略やドンバス侵攻は、新生ウクライナという、いわば他人の大きな人形の中にあった小さな人形を自分のものだと主張し、軍事力で自分の人形の中に盗み取ったようなものである。プーチンが主張するウクライナとロシアは一体とする幻影は、新生ウクライナという大きな人形の存在を認めないものである。ソ連崩壊の原点は、背負うべきものを軽くして、自由主義圏と協調することで、ロシアの生産性を改善するものである。つまりは、積極的な体質改善を自主的に決断したことにある。冷戦に勝った負けたということではない。マトリョーシカ人形で言えば、大きくなりすぎた人形の中に抱えていた小さな人形を放出して、自らが動きやすくシェイプアップした人形に変貌したことになる。ロシアから見るとウクライナにいる親ロシア派は可愛い子分に見えるかもしれないが、時代の流れからすると、自由主義圏と協調するために自己を変革しなければならない分子なのである。新生ウクライナというマトリョーシカ人形の中で自己変革するロシアの姿なのである。ロシアの生産性を改善するためにソ連崩壊という選択をしたのに、今回のウクライナ侵攻は、時間を逆戻りさせ、かつて自分の体内にあった人形の幻影を強引に拾い集める行為と思われる。本来なら、ウクライナにあるクリミアやドンバスにいる親ロシア派の自己変革するの姿を暖かな目で見つめ、そこに未来のロシアの姿を見出すべきだった。そこにロシアの再生があるはずだった。ロシアの若者を戦場に送り無駄な死を遂げさせる前に、彼らの英気を経済発展に集中するべきだった。入れ子構造の悲劇は、自分の中にあった人形を永遠に自分のものだと思う悲劇である。親は子に対し自己を主張するように、子も親から離れれば、親に対し自己を主張する。理由は、親も子もひとりの独立した人間だからである。ウクライナにいる親ロシア派は、ウクライナという子の子供、ロシアという親にとっては孫である。孫がいくら可愛くても、祖父母はその行く末を暖かく見守るはずである。ウクライナ侵攻は、自分の子供を痛めつけて、孫をかばうようなものである。孫に自分の遺伝子を見出すなら、孫の自己変革の姿にこそ、未来のロシアの姿を感じるはずである。ロシアは永遠と国歌に歌うとおり、ロシアの魂は、ウクライナの国内で生き続けるはずである。それを自己変革を恐れる旧態のロシアに取り込めば、永遠に浮かばれない国になってしまう。

この悲劇からの脱却は、ロシア国民が真剣に取り組まねばない課題になっていると思われる。

TaoChat@1118編集後記

朝から雲行きがおかしい。洗濯物を干したら雨が降り出し、取り込んだら、次第に雲間から光が射し出し、また外に干すといった按配である。今は多少青空も見えている。庭の木も緑が鮮やかになり、ツツジも咲き出した。自然のめぐりだけは確かなようである。この一週間は寒暖の差が日ごとに変る一週間だった。

ウクライナの情勢は、ロシア軍が東部ドンバス地方に兵を移し、一帯を攻略する勢いである。プーチンウクライナを東西に分断するつもりなのか? 東西ドイツの分断を再現するのか? ジェノサイドを躊躇なく実行する、ヒトラーに迫る戦争犯罪人となっている。国連すら無力で、彼を止める者は誰もいない。神が彼に死を与えるしかない。なすべきは、ウクライナが善戦し、それを世界が支援するだけである。東大入学式スピーチで河瀬映画監督が、「ロシアという国を悪者にすることは簡単である」と切り出したことは話題を誘った。これは自分たち日本もロシアと同じ事をするおそれがあることを指摘したものだと思う。ロシア軍の大量虐殺を肯定するものはプーチンとその賛同者以外に誰もいない。ひとこと付け加えるなら、川瀬監督にはロシアは侵略を繰り返す悪者であるとまず言って欲しかった。それを悪者で終わらせたくないといえば済んだ話である。

今回の言葉は、ショーペンハウアの言葉を取り上げた。人生をモザイク画にたとえたのは、センスがよい。富を海水にたとえたのに匹敵するセンスのよさである。人生だけでなく、歴史もそうかもしれない。ユダヤ人の大量虐殺や、広島長崎への原爆投下という悲劇のモザイクは、国連という希望のモザイクで補われたかに見えたが、今回の戦争で、無力のモザイクである事がわかった。武力は武力で対抗するしかないという大戦以前の世界にもどった感じである。この世に正義と悪しかないという積もりはない。しかし、自分の欲望を果たすために殺戮が許されると思わせてはならない。人類が今まで存続してきたのであるから、モザイクは途中で消えることなく、つながってきたのは確かである。悲劇のモザイクで将来もつなげていくなら、ショーペンハウアの言葉ほど我々を勇気付けるものはない。悲劇のモザイクで続くとしても、その闇の間に輝く微かな光ほど、人類に希望を与えるものはない。

TaoChat@1117編集後記

4月第二週の土曜日である。桜が開花してから一週間ほど経つが、まだ咲き続けている。いつもより長続きしているように見える。今日も花見に出かけようと思う。

この一週間の出来事は、ウクライナで始まり、ウクライナで終わったようだ。その間、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を読み返した。悲しい物語だが、ウクライナとロシアの戦いで引き裂かれた恋人どうし、肉親どうしもきっといるだろう。なんでこうなるんだという思いが湧いてくる。ロシアよ、そんなに領土を広げてどうするんだという気持ちが湧いてくる。大国の独裁者は領土の広大さが自分の権力を表わすものと考えるようだ。ロミオのモンターギュ家とジュリエットのキャピュレット家のいさかいの犠牲者となってしまった二人。ロレンス神父の思い付きが、思わぬ方向へと事件を導く。ジュリエットの仮死を説明する手紙がロミオに届かず、ロミオを先走りに駆り立てる。2週間でウクライナを落とせるという思い付きが、住民のジェノサイドという最悪のシナリオを導いてしまった。そんなことを思い浮いかべながら読んでいた。

今回の言葉は老子から選んだ。ささいなことから大事件が起こる。ささいなうちに手を打っておけば大事件は防げたのではないかと、大事になってから反省することを人間は繰り返してきた。もう一度時間を遡って過去の過ちを思い返して欲しい。核兵器を使うぞという脅しは、家族を原爆で失ったことのないプーチンだから言える言葉だと思う。

オバマ前大統領が広島を訪れたように、プーチンにも広島を訪れて欲しかった。また、今回チェルノブイリ原発塹壕を掘った兵士の今後の健康の変遷を見守って欲しい。あなたは、自国民すら道具として放射能にさらし、自分の野望のために消費しているに過ぎないことを知って欲しい。