TaoChat@1081編集後記

今日は雨が降りそうな空模様だったが、メルマガ配信した今も何とかもっている。

部屋の網戸にアブラゼミがとまり、じいじい間近で鳴くのを聞いていた。その音量はすさまじい。でも鳴くにまかせていた。セミの命のはかなさに共感するからである。

世の中の一週間は、東京五輪メダルラッシュとコロナ感染の急拡大で終わった。

昨日2回目のワクチン接種が終わり、腕はすこし痛いが発熱もなく無事に済みそうである。毎日5時台の電車に乗って東京まで通勤しているが、緊急事態宣言など何処吹く風で、電車の混雑振りはコロナ前と変らない。最近読んだ本は、森本哲郎氏の「神の旅人」(PHP文庫)である。聖パウロキリスト教伝道の旅を追体験した旅を語った本である。森本氏の本を通して蕪村の面白さを知り、森本氏の本は愛読していたが、「神の旅人」だけは積ん読だった。「神の旅人」を通して、パウロがどのような人生を歩んだかを知った。パウロは最初は熱心なユダヤ教徒キリスト教徒を迫害する側だったが、イエスにより回心して、キリスト教ギリシャやローマに伝え、キリスト教世界宗教となる礎を築いた。新約聖書をところどころ引用しており、新約聖書が多少身近になった。ユダヤ教世界宗教にならず、キリスト教がなぜ世界宗教になったのか、その理由がわかるような気がした。

今回の言葉は、「神の旅人」とは全く関係がない、「臨済録」から選んだ。仏教もまた世界宗教に発展したが、多種多様に分派した。従って、仏教の本を読むときは、釈迦の教えに立ち返って読まなくてはならない。これは禅宗であろうが、浄土宗であろうが同じである。大事なのは、釈迦の教えが頭でわかるのではなく、体でわかるということなのだろう。「臨済録」にもそのことが重ねて説かれる。体からのメッセージを真摯に聞くことの難しさを語る言葉を選んだ。当たり前のことが一番難しい。体からのメッセージは希言だからである。あるときふと語りかける。言葉はかすかで長く続かない。しかしその意味は次第に重くなる。まるで新約聖書のイエスの言葉のようである。その言葉を信じるか否かはからだが判断するしかない。頭では理解できないからである。これは仏教もキリスト教も変らない。

TaoChat@1080編集後記

今日は朝から暑い。ミンミンゼミの声が聞こえてくる。台風もこちらにやってくる。夏真っ盛りである。この一週間のニュースはコロナ感染者がまた増えてきて、五輪関係者の感染者もまた増えてきている。高校野球東海大付属相模もチームでクラスターが発生し、甲子園の県予選を途中棄権した。デルタ株の感染率が増加し、ワクチンでは感染を抑えられない事が明らかになってきている。そのような状況下でも、ワクチン接種率は順調に進み、五輪は安全だといまだに言い続けている政府である。最早無事を祈るほかあるまいと国民すべてが心のうちで思うばかりである。

今週読んだ本は、王敏氏の「中国人の超歴史発想」(中公文庫)であった。食・職・色を中心に5000年の歴史を語る本で、日本にその歴史のなごりは残っている。

なかでも神と人をつなぐ職として巫があり、巫が権力者の権力を正当化し、それが教育の師となり、科挙制度につながり、更に楽という芸術や科学にまで繋がっていくというドラマは非常に興味深かった。巫の漢字がすでに天と地をつなぐ人間を意味している。日本でも歴史の一時期、陰陽師が勢力を伸ばしたときもあるが、中国の巫ほど、太いパイプで繋がっていない。

今回の言葉は、ユダヤの知恵の書、タルムードからいただいた。壷の中のコインは何を物語るのかという問題である。禅問答のような言葉である。

貯金箱のお金を思い出して欲しい。コインが少ないときはからんからんと響く。コインが多くなると重くなって音も響かなくなる。経験上確かにそうといえる言葉である。

しかし、タルムードの意味するところは深い。壷は人間の器で、コインは器の中で働く知恵である。知恵が薄いものは、知恵が空回りする。そこから出てくる言葉はやかましく響くものの実体がない。「コロナに打ち勝った証し」のような言葉である。実体のない言葉を語り、ひとり満足するような器である。

知恵が器に満ちてくると、知恵は器の中でシャッフルされ、相互に関係付けられ、ひも状につながりを帯びてくる。そうすると、いくら壷を振っても音は響かなくなる。

老子の言葉で言うと、知は器の底に沈殿し、言葉となって出てくる機会は少なくなる。希言は自然なりとは、そんな様子をイメージした言葉だと思う。

このように世界各地で生まれた知の言葉は、相互に繋がっている。何故繋がるかというと、自然の中で、人間が読み取った言葉に大きな相違はないからだろう。

 

 

TaoChat@1079編集後記

今日は朝から暑い。昨日梅雨明けしたとテレビで言っていた。

昨夜雨戸の閉めるときセミの声がしたが、今朝明けるとき、セミが転がっていた。羽も切れておらず死んではいないが、つまんで離しても飛び立たないので、どこか悪くしたらしい。可哀想に思い、つまんで庭の木の根元においてやった。セミの声で夏の訪れを知り、セミには愛着があるので、本当に申し訳ないことをしたと悔やんでいる。もう少し、おだやかに閉めれば、悪くすることはなかったろうに。

この一週間は、個人的には頭部のMRIをとった事が人生初の経験だった。4週間前に職場で平衡感覚をなくし、真っ直ぐ歩けない状態が起こった。酒を呑んだときと同じ酩酊状態で、トイレに行くとき壁に手を這わせて歩いた。3時間ほど休養し帰宅して耳鼻科に行って検査したが、めまいと診断され、めまい薬を処方された。幸い、酩酊状態は翌日は消えた。しかし毎日酒を呑むので、頭までおかしくなったかと心配になり、先週の土曜に脳神経外科に行き、MRIを撮ってもらった。脳梗塞血栓でもめまいを起こすそうだが、幸い、脳の方は正常だった。もう一つは、アルツハイマー病でも見つかるかと心配だったが、それもなかった。MRIに頭を突っ込んだ後、ギーコギーコという音とキュンキュンという音が次々に流れ、脳を強磁場でスキャンされているイメージを描いていた。ただ、クライオポンプの音が子守唄のように聞こえた。とにかく何もなくて、家内もほっとしたようだ。

今回の言葉は、同じ日の午後、NHKの「こころの時間」で聞いた言葉がきっかけだった。

インマヌエルでは、こころが熱くなり涙があふれ出た。神が傍におられるという感覚は、老荘好きの自分にとっても共感できる。クリスチャンではない自分にとって、その神はキリスト教の神ではないが、道としての絶対者(人ではない、宇宙の真理)が傍にいる感覚である。どんな試練を与えられても、それをしのぐしかない。そのしのぐ力を道は与えてくれる。今朝のセミでいえば、セミも自分も道の同胞であり、セミの不幸に対し、それをしのげるように手を貸すことが、インマヌエルだと思った。仏教では自分の中に仏心があるという。これもまたインマヌエルである。慈悲のこころこそが神そのもので、自分がそうするのではなく、神がそうさせると感じることが、神が傍におられるという感覚に違いないと思った。

TaoChat@1078編集後記

いつも土曜日にメルマガ原稿を書いているが、今回は1回目のコロナワクチン接種をするために会社を休んだので、金曜日の編集後記となりました。

近くの医者で予約が取れ、遅ればせながら1回目です。世の中の感染状況はデルタ株が主流となり、ファイザー社は3回目の接種が必要と宣言しています。イスラエルでは2回目の接種を終えても感染拡大をし、2回の接種ではデルタ株に対し6割しか有効性がないと声明を出したことも影響しているのでしょう。日本でもデルタ株の感染が増加し始めており、再度の緊急事態宣言はそんな状況を反映していると考えられます。

新聞には、ワクチン接種を終えた高齢者の消費が急増していると書かれていました。旅行の予約かもしれませんが、あまり調子に乗って出歩かないほうが身のためと考えられます。ひとり旅行ならまだよいかもしれませんが、グループとなるとクラスターの怖れも当然出てきます。

この1週間のビッグニュースはまたしても大谷翔平さんです。とうとう松井秀樹さんの記録を抜き、32号までホームラン数を伸ばしました。この調子で行けば、50号も夢ではありません。

今回の言葉は易経から選びました。きっかけは、円覚寺の横田老師がYOUTUBEで配信している管長日記にあります。言葉の無力さと可能性に言及したお話を聞き、関連した言葉を探そうといろいろ書をあたり、易経に行き着きました。中国人は言葉の無力さを痛感していると、易経の解説本に書いてありました。他人の言葉を信用しないのが原則とする。だからこそ、血の通った親族の結束を大事にするため、海外に出ても信用のできるグループをもとに事業展開できる。華僑の強さはそこにある。しかし、中国は漢字を発明し、それをもとにおびただしい数の書を世に出しました。日本はその書のお陰で、発展を遂げました。しかし、易経の言葉は、書の言葉を鵜呑みにしてはいけないといいます。コロナの今、あまりにも実体のない言葉が横行していると嘆いた新聞記事を横田老師は取り上げました。いわゆる頭の中だけで生み出した言葉を政治家が発し、それが実体を持っているかのようにマスコミが報じる。国民はそんな言葉を信用しない。

しかし横田老師は、言葉の可能性にも言及します。言葉で社会生活をするので、言葉の可能性がなければ真っ暗です。言葉が生きて来るのは、言葉を発する人の心が見えるときです。心がない言葉が飛び交う世の中ですが、心を見るには、自分から心を表現する言葉を発することだと横田老師の話を聞きながら感じました。

TaoChat@1077編集後記

昨夜から大雨で、今朝は大雨警戒注意報が湘南に出ている。実を言うと、夜中の1時や3時に市役所の放送が流れるとうるさくて眠れない。注意喚起のためなのでしかたないとは思うが、音量が大きすぎる。耳の遠い高齢者もいることを想定してのことなのか。

今週の出来事は、大谷翔平さんのホームランが28号まで行き、月間MVPをとったのと、ワクチン不足で会社の集団接種がなくなったことが大きい。本当に人騒がせなワクチンである。五輪開催に意欲を燃やす菅首相だが、何の手立てもなく開催するところは、狂気の沙汰としかいえない。国民の安心と安全は空前の灯火となっている。

この一週間の読書は、魯迅の「故事新編」(岩波文庫)を読んだ。中国の昔話は若いときから興味があった。そもそも今昔物語や雨月物語も中国の話を元にしたものが多い。いわゆる怪談や化け物が出てくる話で、西遊記もその一つで、自分には親しみ深い。

故事新編」には怪談話は出てこないが、「剣を鍛える話」は面白かった。

また、老子の函谷関の話と荘子の死人をよみがえらせる話も面白かった。魯迅は中国語で書いているので、訳した竹内好氏の腕によるものだと思う。老子の方は、史記荘子の記述をそのままストーリー展開させている。もちろん、孔子も登場し、老子が一枚上手であることを示している。これも荘子から引用している。

今回の言葉は、アウレリウスの「自省録」から選んだ。ローマ皇帝でありながら、哲学者でもあったアウレリウスの言葉は、老荘の薫がぷんぷんします。

選んだ言葉は、人間界で生きていくための覚悟を説きます。アウレリウスの立場からすれば、教える役割のほうが大きかったと思いますが、「自省録」は死後に残ったメモをもとに編纂したので、言葉として、これが臣下に語ったかはわかりません。

しかしローマ皇帝の身分であったにせよ、実際には耐え忍ぶことが多かったに違いありません。何故なら、皇帝こそが人間関係の極致だからです。命令の趣旨を部下が理解していたとは思えません。アウレリウスの哲学の根底には、人間界を取巻く宇宙の真理があります。そこに根ざした言葉であるからこそ、納得がいくわけです。

最近亡くなった立花隆氏も、宇宙の真理に対してあくなき知の追求をされた方のように思います。立花さんから始めて感動をもらった本は「宇宙からの帰還」でした。月着陸した宇宙飛行士を実況中継するかのごとく綿密に状況を分析し、宇宙から地球をながめると神の存在になるといった感覚を追体験した思い出がよみがえります。あらためて立花氏に哀悼の意を捧げます。

TaoChat@1076編集後記

今日は朝から蒸し暑い。数日前から顔にヘルペスができ、それが広がってきたので、近くの内科に行って、軟膏と飲み薬をもらってきた。場所が目の上の眉毛のところで、もれ出るウィルスのついたリンパ液が目に入るのが怖い。バンドエイドを貼ってかろうじて流れ込むのを抑えている。とにかくゆっくりでいいから、改善の方向に動いて欲しい。医者の帰り、車を給油しにガソリンスタンドにいったが、ガソリン価格の高さに驚いた。リッター145円まで跳ね上がっている。4000円使っても40リッター入れられない。コロナで遠出することはないので、それほどに気にならないものの、価格高騰のわけは知りたい。この一週間の世の中のビッグニュースは、大谷翔平さんのホームランが止まらないことである。25日の試合では一試合3本をたたき出し、25号まで行き、この調子なら40号は堅いようです。

今週電車の中で読んでいた、リチャード・バックの「イリュージョン」から言葉を選びました。ドン・シモダが救世主となって現われ、この世はすべてイリュージョンということを説くシナリオだが、その言葉が教育に及ぶところを選んでみました。この本の円地茂さんの挿絵が楽しめます。教育の本質をびしっと語るところが気に入りました。

先生が生徒に何かを教えるのが教育なのではなく、生徒が先生と同程度のことを知っていることに気づかせるのが真の教育。

原文によると、Teaching is reminding others that they know as well as you.  You are all learners, doers, teachers. となります。

先生も生徒も、ともに学習者であり、ともに行為者であり、ともに先生である。

先生も生徒もともに学習プロセスを共有できれば、教育の最高点に達するといえるのではないでしょうか。

TaoChat@1075編集後記

今日は朝から雨模様。しかし気温が低く、じめじめしていないのがありがたい。爽やかな梅雨といいたい。

この一週間の出来事は、五輪が近づいて、どのように開催するのか詰めが進んでいる。個人的には、五輪が開催されて観客が移動し、交通機関が混みあうのだけは勘弁して欲しい。いくらワクチン接種が増えたからと言って、感染がなくなるわけではない。人流が増えて、感染機会が増えれば感染確率は上昇する。尾身会長も言っておられたが、無観客はmUSTがまともな判断力の人の意見である。そういっても、感染状況がどうあろうと開催を強行する菅さんは聴く耳を失っている。コロナ期の五輪を開催した首相として歴史に名を止めたいのであろう。

今回の言葉は菜根譚から選んだ。なかなかよい言葉である。

平穏無事である事が、一番の幸せである。それを阻害するのが、自分のこころであることが最近身に沁みて感じる。したがって、この言葉をしみじみと味わうことが出来る。

とはいえ、一日のうちでいろいろな事件が起きる。あるはずのものがなかったり、届くはずのものが届かなかったりする。その事件にいちいち動揺していたら、心はいくつあっても足りない。必要なのは、事件ひとつひとつに対して、心落ち着けて、行動で対処することである。行動なくして考えていても、何の解決にもならない。課題ばかりがどんどん増えて、悩みは増していく。心少なき状態に置くには都度判断して解決していくことしかない。メルマガでは悩みは考える時間があることだと書いた。考えただけでは悩みは消えない。一つずつ課題を解決していく状態に身を置けば、悩む時間はない。将棋の対局のようなもので、その都度ベストな手を選択し、その結果はすぐわかる。結果は勝つか負けるかだが、対局中は課題解決に集中する。これこそが心少なき状態にあるといえるのではないか。